ジェルネイルとは

ネイルカラーとの違い


ジェルネイルとはジェル状の樹脂を爪に塗り、UVやLEDのライトを当て、化学変化で硬化させるものです。

マニキュアとは違いすぐに固まるので待つ必要がなく、硬化後すぐに触ってもよれたりしません。また強度や厚みが出せる為折れにくく、爪をキレイに伸ばすことが出来ます。

 

持ちは3~4週間(フットは1~2ヶ月)で、その間表面のツヤも長続きします。

家事をされる方でも、先端から剥がれてしまうことも少ないです。

マニキュアと違って自分で簡単に落とすことが出来ませんので、サロンでのオフが必要です。

ジェルネイルをすると爪が薄くなる?


従来のジェルネイルは、塗る前に爪の表面に薄く傷をつけて塗っていました。

そうして爪にジェルを密着させないと定着しなかったからです。

その為、ずっと続けていると徐々に爪が薄くなって痛みが出たり、お湯がしみたりしてジェルをお休みする方がいらっしゃいました。

 

当サロンでは、パラジェル他自爪を削らずに密着するジェルを使用しておりますので、爪が薄くなることもなく、健康な爪のままずっとジェルネイルをお楽しみいただけます。

 

他のサロンを利用して爪が薄くなっている方もぜひご利用下さいませ。

小さい子供がいるから…


ジェルで爪の先端をコーティングすることにより、爪先が欠けたりギザギザになるのを防ぐことができます。赤ちゃんのいるママにこそ、ジェルネイルは向いています。

若い人がするものでしょ?


ネイルサロンは若い方が多いと言うイメージがあるかも知れませんが、当サロンでは20代から70代の方までご利用いただいております。

担当ネイリストも静かで落ち着いた40代ですので、年齢問わずお悩みご相談下さい。